読経料、知っておきたい!葬儀の費用

寺院費用ってどれくらい?

読経料

葬儀費用は葬儀本体費用の他に、寺院に支払う費用も必要となります。
仏式の場合は、寺院へ納めるお布施(読経料・戒名料)、神式の場合は神社へ、キリスト教は教会へのお礼が必要となります。無宗教の場合は寺院費用は発生しません。
最近では無宗教の葬儀も増えつつあるようですが、依然として仏式の儀礼による葬儀が大半を占めていますので、慣習として故人に戒名をつけて、読経とともに見送る形式が一般的です。
仏式の葬儀のときに僧侶へお布施として支払うのは、読経料と戒名料がメインです。その他に、僧侶の交通費としてお車代を渡すケースも慣習化しているようです。
読経料は通夜からお葬式・告別式、火葬場での読経、骨あげ後に斎場に戻って行う繰り上げ法要の読経に対するお布施となります。
その読経料の金額は、寺院の格式、宗旨や地域によってさまざまで、決まった額はありません。
一般的に20~30万円が目安と言われていますが、寺院との付き合いがあれば、今までの関わり方や、これからの付き合いの程度によってお布施の金額を決めることになります。金額を決める際には、喪主の経験者が知り合いにいるならば相談してみるのも一つの方法です。寺院によっては世話役の方がいますので、その方に相談するのもいいでしょう。
なお、菩提寺や関わりのある寺院がない場合は、葬儀社に依頼して僧侶を手配してもらいますが、単に葬儀のときだけの読経料は、葬儀社に相談すれば教えてもらうことは可能です。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?