戒名料、知っておきたい!葬儀の費用

寺院費用ってどれくらい?

戒名料

仏式の葬儀で寺院へ支払うお布施の内訳は読経料と戒名料です。ここでは戒名料についてご説明します。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。
つまり、この世の名前が俗名だとすると、あの世の名前が戒名となります。
宗派によって呼び名に違いがあり、戒名とは言わずに、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号と言います。(ここでは、便宜上「戒名」で統一します)
戒名料とはその名の通り戒名を付けるための料金ですが、実は戒名には値段がなく、戒名をいただいた僧侶への布施として支払われることが多いです。
戒名料の相場も値段設定があるわけではなく、寺院の宗派や「格」によって違ってくるようです。
また、宗派だけでなく、戒名の位によっても値段は変わってきます。
本来二文字の戒名(=「法号」)に「院号」(○○院)、「道号」、「位号」(信士、信女、居士、大姉)などが加わることで、戒名の位が変わり戒名料も変わります。
戒名の相場は30万円前後のようですが、さらに位が「~信士」「~信女」で5万~20万円程度、「~居士」「~大姉」で15万~30万円程度、院号になると50万円以上加算されるのが一般的と言われますが、あくまでも目安です。
葬儀社や宗派のお寺に相談してみるのも有効です。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?