火葬、知っておきたい!葬儀の費用

葬儀本体の費用はいくら?

火葬

葬儀本体費用のメインは通夜、お葬式・告別式の費用ですが、その後に火葬関連の費用が掛かります。
火葬に係る費用は以下のような項目になります。

 

1.霊柩車 斎場から火葬場までお棺を運ぶ車両です。火葬場併設斎場でも、場内移動に霊柩車を使用する場合があります。
2.バス・ハイヤー 親族や会葬者が斎場から火葬場に移動するためにマイクロバス等の準備が必要となります。僧侶や喪主はハイヤーを利用するので、別途手配が必要です。
3.火葬料 火葬場を利用するための費用で、現金での支払いが原則です。民間火葬場・公営火葬場ともに定価が表示されていますので、事前に知ることが可能です。
4.火葬場待合室使用料 火葬場によっては、火葬料と待合室使用料が別の場合があります。通常、火葬には2時間近く時間がかかりますので、親族や会葬者が多数いる場合は待合室の使用は必須です。
5.火葬場飲食費 火葬が終わるまでに待合室で茶菓や飲み物を振る舞いますので、その飲食費も考慮しておきます。
6.骨壺 遺骨を入れる骨壺は葬儀社が手配してくれます。

 

火葬料、火葬場待合室使用料、火葬場飲食費は、その場で現金支払いが原則です。しかし、たいていは遺族に代わって、葬儀社が立替払いをしてくれて、あとで葬儀費用とともに精算するケースが普通です。
飲食に係る費用は変動しますが、それ以外の立替費用は予測が可能なものなので、葬儀社から事前見積をもらう際には、確認をしておきましょう。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?