納骨堂・墓石、知っておきたい!葬儀の費用

葬儀後はどれくらい必要?

納骨堂・墓石

遺骨を納めるためにお墓や納骨堂といった施設が必要になります。
お墓や納骨堂の準備をするにはどのような費用がかかるのでしょうか?

 

お墓購入の費用は、主に「永代使用料」「墓石費用」「管理費」の3つの要素で成り立っています。
「永代使用料」とは、墓石を設置する土地の部分の永代使用権を取得するための費用です。墓石の建墓に関わらず、墓地を取得した際に納入します。また、承継者(使用名義人)が変わっても、所定の変更手続を経れば永代にわたって使用できます。永代使用料は区画の広さや地域によって差がありますが、ある調査によると東京で100万円前後、全国平均で約50万円と言われています。
「墓石費用」は、墓石本体、外柵・納骨棺、施工費用の合算です。墓石の種類、大きさ、加工方法によって金額は変わります。施工費は墓地の区画状況により変わります。変動幅は大きいですが、数十万円から300万円の費用がかかります。
「管理費」は、墓地の区画の管理運営者に定期的(年一括など)に支払う費用です。霊園・墓地内の施設の維持・運営管理(参道整備、水道設備、駐車場、緑地、墓地清掃など)の用途に使用されます。公営の霊園は年間数百円から民間の霊園や寺院では年間5千円から3万円程度の費用となります。
以上の費用のほかに、墓石の墓碑や戒名の彫刻費用、納骨時の法要の費用がかかります。

 

納骨堂は、以前は墓地に遺骨を埋葬するまでの間、一時的に遺骨を預けるという施設であったため、預かり期間が定められている場合が多かったようですが、現在では恒久的に遺骨を祭祀する施設として新設されるケースが増えています。
屋内施設のため天候を気にせず墓参りができ、掃除の手間もかからないのが特長です。使用期限が決まっている場合が多く、期限後は合祀されることになります。
納骨するスペースは、ロッカー式、棚式、仏壇式、墓石式、機械式などさまざまなタイプがあり、宗旨、宗派を問わない施設も多いことから、近年需要が増えていますが、預かり期間や形態、管理や供養方法も施設によってさまざまですので、それぞれの施設の具体的な内容についてしっかりと調べて納得した上で購入しましょう。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?