法要、知っておきたい!葬儀の費用

葬儀後はどれくらい必要?

法要

法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。厳密には忌明けの日までの間、七日おきに法要がありますが、忌明けまでの間の法要は、初七日と四十九日以外は、遺族のみで行なわれることが多いようです。
遺族は、七日ごとに法要を行ない、閻魔大王の裁きの日と言われる四十九日に故人が成仏し、極楽浄土へ行けるように祈ります。
一般的にはこの四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。
法要の日程を決める時、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。

 

法要は自宅または寺院やホテル等で行われ、法要のあとで会食をします。この会食のことをお斎(おとき)と呼びます。
お斎が行なわれない場合には、僧侶による読経終了後、施主が挨拶をする際にその旨を告げ、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。

 

法要の費用は、自宅で行う場合は、僧侶へのお布施(2万円~5万円)、僧侶の御車代(5千円~1万円)、お斎のお膳代(5千円~1万円×人数)、引出物(3千円~1万円×人数)等となり、寺院またはホテル等で行う場合は、自宅での法要にかかる費用プラス会場の使用料となります。

 

また、四十九日後の年忌法要は、一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は、亡くなった年を1回目と数えるため、年数マイナス1年で行なわれます。例)満2年目は三回忌、満6年目は七回忌

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?