会葬返礼品、知っておきたい!葬儀の費用

飲食接待費用には何がある?

会葬返礼品

会葬返礼品とは、通夜や告別式に弔問に訪れたかたに、お礼の気持ちとして、礼状とともに渡す品物です。
会葬返礼品は次の3つに大別されます。
1.通夜返礼品 通夜振る舞いの席に出ないで帰る人に渡す返礼品
2.会葬返礼品 香典の有無に関わらず会葬者すべてに渡す返礼品
3.香典返し 香典をもらった人にお礼として渡す返礼品
元来は上記の区別がありましたが、今では、通夜と告別式に同じ返礼品(500円~1000円)を弔問に訪れた方全員に、会葬礼状とともに渡し、香典を頂いた方には忌明けに返礼品を発送することが多くなってきています。
また、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、葬儀の当日に、香典の額に関わらず、 2500円~3000円の品物を返す即日返しが全国的にも増えてきています。

 

東京では、会葬の受付で、あまりかさばらない軽いもの(ハンカチやお茶など、500円から1000円程度のもの)をその場でお返しして、高額なお香典をいただいた方には四十九日法要(仏式の場合)が終わった後で法事が終わった報告も兼ねて、いただいたお香典の2割から5割くらいのお返しものをお送りする例が多いようです。
四十九日法要後にお返しをする場合は、個人別に商品を選んで送ることもありますが、最近ではカタログブックをお送りして、先方に商品を選んでいただくケースもあるようです。

 

会葬受付時のお返しはある程度多めに用意しておき、配った分だけ、あとで葬儀社と精算する場合がほとんどで、用意した分を買い取る必要はまずありませんので、心配はいりません。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?