通夜料理、知っておきたい!葬儀の費用

飲食接待費用には何がある?

通夜料理

飲食接待費用のうち、通夜料理についてご説明します。
通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。会葬者は通夜振る舞いの席で、故人を偲びながら食事に箸をつけ、飲み物で口を湿らせてから帰ります。
通夜振る舞いは、遺族が料理をふるまうことで、「故人の功徳を積む」という意味があったり、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられているからです。
ですから、東日本の葬儀に参列した際に、通夜振る舞いの席に案内された場合は出来る限り、その席につくのがマナーとなります。
これに対し、西日本にはこの通夜振る舞いの習慣がないと言われています。通夜の後には、親族など近親者のみで食事の席を囲みます。
この通夜料理の考え方の違いは、葬儀費用にも影響します。
西日本では、近親者のみで通夜料理を囲むため、用意する料理の必要数が把握しやすく、その量も少なくてすみます。葬儀社のプランにも通夜料理がセットとして含まれている場合もあるようです。
一方、会葬者へ通夜振る舞いを行う風習がある東日本では、会葬者の人数によって、用意する通夜料理の数が変わります。会葬者の多い葬儀では、当然、飲食費用も大きくなります。
その通夜料理の数ですが、予想される会葬者の人数分を用意する必要はありません。会葬者は儀礼的に箸をつけるだけで、親族のように腰を落ち着けて食事をするわけではないので、予想会葬者数の半分程度に親族の人数を足したくらいの数を用意すれば、足りるはずです。
会葬者の動向を見ながら、葬儀社と都度相談しながら、対応致しましょう。

おすすめ記事ピックアップ

通夜の後には、食事を取りながら故人を偲んで語らう時間を持つのが一般的ですが、この通夜料理には地域によって大きな違いがあります。
一般に東日本では、遺族が会葬者にも通夜料理を用意し、振る舞います。これを「通夜振る舞い」と呼んでいます。
通夜振る舞いは、会葬者が故人を偲んで飲食することで、故人への供養になると考えられています。
葬儀本体の費用の中心となるのが、通夜とお葬式・告別式の費用です。
その中でも、式場使用料と祭壇が費用の大半を占めます。
式場の使用料は、葬儀社が所有する式場の場合、見積に含まれるケースが多いですが、斎場を別に借りる場合は、葬儀社の見積に含まれませんので、別途確認が必要になります。
祭壇には大きく分けて白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇には造花を使用するものと生花を使用するものがあります。
戒名とは仏教において出家・受戒した者に付けられる「仏の弟子」としての名前で、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では、故人を仏門に入れるために、通夜が始まる前に戒名を与え、成仏させて極楽に行けるようにすることが目的になっています。

葬儀本体の費用はいくら?

寺院費用ってどれくらい?

飲食接待費用には何がある?

葬儀後はどれくらい必要?